【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

貧乏神が憑く人とは 『夢をかなえるゾウ2』水野敬也

   

 おはようございます。

 神谷です。

 『夢をかなえるゾウ2』には、「貧乏神」が出てきます。

 この「貧乏神」の容姿に関しては、前回の記事で紹介しましたので、そちらを参照した頂けると嬉しいです。

 いろいろな作家さんたちも、「貧乏神」について語っています。

 「貧乏神」と「福の神」は同じ神さまで、人の心が、ついている神さまを「貧乏神」か「福の神」かを決める、なんて紹介をしている作家さんもいました(どなたがそういっていたかは思い出せませんが・・・)

 多くの作家さんは、「貧乏神が憑くから、その人は貧乏になる・・・というのではなく、貧乏な人に貧乏神が憑く」と言っているのです。

 では、水野敬也氏の言う、貧乏神が憑きやすい人って(つまり主人公の勤太郎のような人なのですが)どんな人なんでしょう。

勤太郎に貧乏神が憑く

美女

 

  貧乏神の金無幸子さんが勤太郎に憑いたきっかけの部分を引用します。

 金無幸子さんと勤太郎の出会いの場面です。

 西野さんが会社を辞めてお笑いの道に進むって決めたとき『ああ、この人だ』って一目ぼれしちゃったんです。

 だって、西野さん、お笑いの才能なんてないのに、皆無なのに、それでもお笑いに挑戦するなんて、なんて素敵な人なんだろうって。

 しかも本名が『西野 勤』で、つけた芸名が『西野 勤太郎』って。

 このセンスだと間違いなくずっと貧乏だから、私も一生憑いていけると思って・・・

 なかなか笑えます。

 これを見ると、自分のことを知らずに行動する人には貧乏神が憑くようですね。

 そういえば、「孫子」にこんな言葉があります。

 敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。

 敵を知らずして、己を知れば、一勝一負す。

 敵を知らず、己を知らざれば、戦うごとに必ず危うし。

 まさに、勤太郎は、最後の「敵を知らず、己を知らざれば、戦うごとに必ず危うし。」だったわけですね。

3つの貧乏パターン

ドリーム貧乏

 勤太郎は貧乏神の幸子さんから、貧乏になる人の特徴を聞きだします。

 幸子さんの話によると、貧乏人は大きく分けると3つのパターンに分かれるとのこと。

■ ドリーム貧乏

■ お駄賃貧乏

■ ガネーシャ貧乏

 だそうです。

 ここでは、「ドリーム貧乏」をご紹介します。

 「ドリーム貧乏」とは、

 大きな夢を持っているものの、その夢に囚われれるあまりお客さんのことが全然見えていない人達です。

 お客さんから望まれていないことを頑なに続けているので『イタい人』なんて呼ばれることがある。

 という事です。

 これは、芸人や芸能人だけに当てはまることではありませんね。

 基本的に、どんな仕事にもお客様がいます。

 「自分がどうなる」「自分がこうしたい」「自分が稼ぎたい」

ということに囚われて、お客様のことを考えなく、仕事がうまくいかない人たちをたくさん見てきました。

 自分自身がそれに陥っていることもありました。

 「夢を持って仕事をしているのに、どうもうまくいかない。」

と思っているような方は、自分が「ドリーム貧乏」になっていないかチェックしてみませんか?

 どうすれば、「ドリーム貧乏」から抜けられるかは、後の記事で紹介するかもしれません。

 また、あと二つの「ガネーシャ貧乏」「お駄賃貧乏」について知りたい方は『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』を読んでくださいね。

 次回につづきます。

 ご購入はこちらからどうぞ。

矢印

 - さらに成長・向上を目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不機嫌
『ありがとうとお金の法則』 小林正観

Contents1 最近不機嫌2  たそがれたラーメン屋さんでお金を使う3  心 …

すべての現象はあなたが出している波動に同調してくる 『あるがままに生きる』 足立幸子

Contents1 あなた自身が引き寄せている2 恐れれば、引き寄せる  おはよ …

女性 考える
『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』 ゆうきゆう

 おはようございます。  神谷です。  心理学の本って、興味のある方は多いんじゃ …

不機嫌
不機嫌は伝染する 『幸福論まんがで読破』 アラン

 おはようございます。  神谷です。  1回目の紹介はこちら、2回目の紹介はこち …

手を伸ばす
さぁ、もうそろそろNo.1になろう 『No.1理論』西田文郎

Contents1 西田文郎という方2 本の構成2.1 1章:No.1理論-「理 …

分子
自己中心から関連性に目覚めるコペル君 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

 おはようございます。  神谷です。  『君たちはどう生きるか』は岩波文庫の本で …

春日大社
『神道 感謝のこころ』 葉室頼昭

Contents1 葉室頼昭氏2 「女性が本来の人間の姿」  おはようございます …

選択
波動を上げる三つの条件 『あるがままに生きる』 足立幸子

Contents1 波動を上げる三つの条件1.1 あらゆるこだわりを取り除く1. …

宴会の料理
お金ができた、と食べ物を変えると運が衰える 『ありがとうとお金の法則』小林正観

Contents1  水野南北という人の研究結果2 お金が入ってくる仕組み3 喜 …

お年寄り
老いは素晴らしい 『神道 感謝のこころ』 葉室頼昭

Contents1 老いていくことは素晴らしい2 自分がガンだと思うからガンなの …