【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

『ありがとうとお金の法則』 小林正観

      2015/06/21

 おはようございます。

 神谷です。

 小林正観さんの本はずいぶん読んでいるで、正観さんの言っていることはもう分かっているから、もう正観さんの本は読まなくていいかな・・・と思っていました。

 そうしたら、嫁さんがこの『ありがとうとお金の法則』を買って読んでいたのです。

 せっかく買ったというのだから、読んでみることにしましたが、読んでみるといろいろショックを受けてしまいました。

 正観さんの言っていることがもうわかっているなんて、おこがましいことでした。

最近不機嫌

不機嫌

 まず、ショックを受けたのが、「はじめに」に書いてあったゲーテの言葉。

 「人間の最大の罪は不機嫌である」

 最近、私自身、「不機嫌」なんです・・・。

 私は、いろいろ不安を抱えていて、その不安に注目してしまう性格があります。

 だから、その不安を考えていると、態度はどうしても「不機嫌」になる。

 不安な気持ちを振り切って、明るい方向に考えると、それ自体が不安を呼ぶのです。

 常に、その不安に注目していないと、不安になる。

 不安に注目していても、不安になる。

 そして、不安に思っているから、態度は「不機嫌」。

 なかなか救いがたい感情の連鎖だ。

 「笑顔で、真剣に生きる」

 これの挑戦を思い立った次第です。 

 改めて、正観さんの本を読んで、今の生き方がぶれまくっていることに気付きました。

 では、お金にまつわる正観さんの話をピックアップして紹介していきたいと思います。

 たそがれたラーメン屋さんでお金を使う

醤油ラーメン

 あなたは、金額が同じだった場合、美味しくて、流行ってるラーメンと、まずくて、寂れているラーメンのどちらを選びますか。

 私は、美味しくて、流行っているラーメンを選びます。

 多分、100人の人に同じ質問をしたら、100人の人が私と同じ回答をするのではないかと思います。

 しかし、正観さんは、

 私は、ラーメン屋さんを選ぶとき、全然お客が入っていない、たそがれたラーメン屋さんに好んで入ります。

 なぜかと言うと、行列ができ1日1000人の客が入るラーメン屋さんにとって、私の払った650円は、価値で言いうと1000分の1。

 ところが、1日10人の客しか入らないような、流行らないラーメン屋さんにとっては、同じ650円が10分の1の重みをもつからです。

 こちらの方が、私のお金はより喜ばれるわけです。

 喜ばれ方が全然違う。

 う~ん、なるほど・・・

 私は、この考え方を全面的に支持するわけではありません。

 ラーメンは美味しいものを食べたいし。

 流行っているラーメン屋さんなら、接客だって流行っていない店より優れていると考えられるから。

 多分、正観さんは、「ラーメンを食べて、満足する」というところに重きを置いていないのだと思います。

 自分の行動が少しでも他の人に喜んでもらえるか、ということに重点を置いているのだと思います。

 このラーメンの件は、それの極端な例ですね。

 これは、正観さんのお金の使い方を紹介したもので、自分にこれが実践できるかはなはだ疑問です。

  ただ、これからは少しだけ、お金を使う時に、

 「このお金は喜びを与えるために自分から出ていくのだろうか?」

 ということを意識するのは、「お金との運」をよくするのに役に立つのではないでしょうか?

 

 心のブレを正す本

 最近ツイテないなぁ・・・なんて思ったら、運が傾いているわけではなく、生き方がブレているのかもしれません。

 そんな生き方のブレをただす本を持っておくべきですね。

 この『ありがとうとお金の法則』はお金に関するブレをただしてくれる本です。

 では、次回からも正観さんのお金の考えについて紹介していきたいと思います。

 ちなみに、この本は、『楽しく上手にお金とつきあう』という本を改題して文庫本化したものです。

 すでに、そちらの本を読んでいる方は、ご注意ください。

 ご購入の際は、こちらからどうぞ
矢印

 - さらに成長・向上を目指す

Comment

  1. 樹里庵 より:

    小林正観さんの文字に引かれて、久々に訪問いたしましたら、お引越しなさったのですね。

    私も、正観さんの本は、同じ本なのに読み返す度にハッとさせられます。

    昔何度も読んだ聖書がそうであったように・・・です。

    聖書みたいな本ってありますね。

    • jcf04567 より:

       樹里庵さん

       コメントありがとうございます。

       こちらのブログでは初コメントなので、とてもうれしいです。

       はい、聖書のように読むたびに教えられるような本を持っていることは幸せだと思います。

       これからも、新ブログよろしくお願いします。

       

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ベッドバトラー
寝室に気をつかおう 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 夜の脳が元気になる習慣1.1 寝室こそ、自分の理想の場にする …

ストップウオッチ
楽しい脳のパワーアップ訓練方法 『脳がさえる15の習慣』 築山節

Contents1 脳には回転数がある2 行動に時間の制約を付けよう3 しっかり …

星に願い
アブダカタブラの法則の実験結果 『こうして思考は、実現する』パム・グラウト

Contents1 アブダカタブラの法則の実験2 欲しいものを引き寄せた・・・半 …

ダイエット
非常識ダイエット 『ありがとうとお金の法則』 小林正観

Contents1 非常識ダイエット2 「なぜかなぜか」と問いかけない  おはよ …

見る少女
休日に脳を元気にする方法は? 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 晴れの休日の脳が元気になる習慣1.1 ふと立ち止まって周りを …

地球
まず、「地球は良くなっている」と思ってみよう。 『あるがままに生きる』 足立幸子

   おはようございます。  神谷です。  『あるがままに生きる』は、 …

選択
波動を上げる三つの条件 『あるがままに生きる』 足立幸子

Contents1 波動を上げる三つの条件1.1 あらゆるこだわりを取り除く1. …

子供たち
父と子で一緒に読みたい本 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

Contents1 『君たちはどう生きるか』2 「何になる」のではなく、「どうい …

面倒
脳力を鍛えて、理性的になる 『脳が冴える15の習慣』 築山節

Contents1 面倒くさがる脳2 一日の行動予定表を書く  おはようございま …

求める手
与えるばかりではなく、遠慮なく受取ろう 『夢をかなえるゾウ2』 水野敬也

Contents1 いい人になるということはやる気をなくすこと2 受け取るという …