【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

神様を使いこなす 『宇宙を味方にする方程式』 小林正観

      2015/06/21

 おはようございます。

 神谷です。

 『ありがとうとお金の法則』を読んでから、いろいろ生き方がぶれているのではないかと、小林正観さんの本を立て続けに読みたくなってしまい、今回も、『宇宙を味方にする方程式』を紹介したいと思います。

 1回目の紹介はこちら2回目の紹介はこちら3回目の紹介はこちら4回目の紹介はこちらです

 「神さまを使いこなす」なんて、何とも不遜な感じがしますが、一体どんなことでしょうか?

全ての出来事を肯定的に捉える人に神さまは微笑む

神さま

 うれしい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ついている・・・・という風に、自分の口から出てくる言葉が喜びと感謝の言葉に満ちていると、それ自体が自分の身体にとってエネルギーになると同時に、その言葉を聞いた周りの人、そして目に見えない方々おも元気づけることになるのです。

 そういう風にすべての出来事を全部肯定的にとらえていると、神様から微笑まれるという事実があります。

 これを実行している人の例として、生涯納税額日本一の斎藤一人さんを紹介しています。

 一人さんの言葉で一番有名なのは、

 「ツイてる!」

 正観さんも、一人さんは、「ツイてる!」と言って、幸せなお金持ちになったと言っています。

 とはいえ、この

 「ツイてる!」

 斎藤一人さんの本を読んで実践をする人は多いです。

 とはいえ、「ツイてる!」だけ言って、お金持ちになれるわけではありませんが、

 「ここが入口」

 ということなんです。

 ある出来事を見た場合どんな場合でも

■「ツイてる」

■「ツイテない」

 どちらでも判断できると思います。

 よく、一人さんのお弟子さんが言う例ですが、

 「鳥のフンが頭にピチャ!」

 ついてない:帰って、頭洗わなくちゃいけないよ。ツイテないなぁ。

 ついてる:隕石や植木鉢じゃなくてよかった。ツイてる。

 この場合、「ツイてる」という人はすごく少ないと思います。

 これは、「幸せなお金持ちが少ない」のと同じだと思いますね。

 意味もなく、「ツイてる、ツイてる・・・」だけじゃなくて、何かあった時にすべて「ツイてる」と言ってみる。

■ 「今日は天気がいいなぁ。ツイてる」

■ 「朝から雨だなぁ。ツイてる。今日は涼しいぞ。」

 こんなかんじで、言葉の最後に全部「ツイテる!」をつける。

 これくらいやれば、「ツイてる」のご利益がありそうです。

 まずは、「ツイてる」から初めて、まずは、自分を幸運体質にしてしまいましょう。

神様にお願いをしてはいけない

神頼み

 神様にお願いをするという事、それは、現状が不満で文句を言っていること。

 これは神様の意志に沿っていません。

 この行為は神様が嫌います。

 神社仏閣は

 「お礼に行くところ」

 と説明している神主さんや、お坊さんが多いですね。

 私の個人的な意見は、

 「自分の幸せに気づきに行くところ」

 としています。

 生きていると、満たされない想いがどんどん心に溜まっていきます。

 それが、不満や愚痴になって口から出そうになります。

 それが、やる気を削ぎ、行動を止めます。

 私は、朝、神社に行き。

 まず、

 「今日ここに、挨拶に来れたこと」にこれは神様のお蔭として、感謝します。

 そして、嫁さんが元気なこと、母が元気なこと、眠る家があること、昨日ご飯が食べられた事、をすべて神様が与えてくれたこととして感謝します。

 これが、決まった1セットです。

 この1セットをやると、自然と他にも感謝することが浮かんできます。

 こうすると、

 「自分は何て恵まれているんだろう」

 という想いが募ってきます。

 そしえ、自分の心の「足りないと思っていたこと。」への不満が小さくなっていくのです。

 さらに、足りないのは、まだ、自分がそれに至らないと感じることができるようになります。

 最後に、その足りないものを口にして、

 「まだ、○○を手にするには、行動が足りないのですね。さらに頑張りますので、見守ってい下さいね。」

 で締めるのです。

 そうすると、気持ちが落ち着いて、やる気が出てくる、という流れです。

 何かの事情で、朝の挨拶ができないと、昨日の不満を引きづったまま仕事をすることになり、効率が落ちるような気がします。

「神様を使いこなす」と言うよりも、「大宇宙の意志にそって生きる」というともっとしっくりくるような気がしますね。

 『宇宙を味方にする方程式』の紹介は今回で終わりです。

 小林正観さんの生き方が正しい生き方と言うつもりはありません。

 以前にも書きましたが、「楽しい生き方」がいいのだと思います。

 ただ、「楽しい生き方」ってどんな生き方だかわからないと思うのです。

 だから、楽しそうな生き方をしている人の本を読むのがいいんじゃないですかね。
 ※「儲けている人の本」と言うのは危険な感じがします。

 そして、「これだ」と思ったら実践してみる。

 そして、生活をしていると、その生き方からぶれてくるので、ときどき読み返してみる。

 『宇宙を味方にする方程式』はそんな本の一つのようです。

 ご購入の際は、こちらからどうぞ。
矢印

 - さらに成長・向上を目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

雨
雨はお嫌いですか? 『幸福論まんがで読破』 アラン

Contents1  雨が降ったらうんざり2 次回は  おはようございます。   …

ミスした人
誰でも最初はミスをするのです 『宇宙を味方にする方程式』 小林正観

Contents1 ミスは犯してもいい2 学校の先生の方へ  おはようございます …

カフェ
『マスターの教え』に書いてある理解できないことについて

Contents1 『マスターの教え』で理解できない事2 読み直してみると、不思 …

すべての現象はあなたが出している波動に同調してくる 『あるがままに生きる』 足立幸子

Contents1 あなた自身が引き寄せている2 恐れれば、引き寄せる  おはよ …

冒険
冒険していますか? 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 休暇で脳を元気にする方法1.1 「冒険」をしてみる1.2 過 …

子供たち
父と子で一緒に読みたい本 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

Contents1 『君たちはどう生きるか』2 「何になる」のではなく、「どうい …

選択
波動を上げる三つの条件 『あるがままに生きる』 足立幸子

Contents1 波動を上げる三つの条件1.1 あらゆるこだわりを取り除く1. …

ダイエット
非常識ダイエット 『ありがとうとお金の法則』 小林正観

Contents1 非常識ダイエット2 「なぜかなぜか」と問いかけない  おはよ …

ラジオ体操
『幸福論 まんがで読破』 アラン

Contents1 登場人物2 「不幸」は軽い運動でやっつけよう  おはようござ …

見る少女
休日に脳を元気にする方法は? 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 晴れの休日の脳が元気になる習慣1.1 ふと立ち止まって周りを …