【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

楽しい脳のパワーアップ訓練方法 『脳がさえる15の習慣』 築山節

      2015/06/21

 おはようございます。

 神谷です。

 起き抜けに頭が働かないのは脳科学にみても正しい。

 脳をちゃんと働かしたかったらウォーミングアップを。

 ということを、先日の記事に書きました。

 早起きして、仕事を効率的にこなして、残業なしで帰る。

 なかなかできないと考える方も多いとは思いますが、早起きして脳のウォーミングアップをして仕事をするのが、出世の近道かもしれません。

 歴史上の天才たちも、朝型が多かったそうですよ。

 それでは、今回も築山節氏の『脳が冴える15の習慣』から紹介します。

 1回目の紹介はこちらです。

脳には回転数がある

脳

 引用します。

 脳の力には、「基本回転数」とでも呼ぶべき要素があります。

 何か問題を解決しなければならない時に、ぐっと集中を高めて、速く的確が判断ができる。

 脳に蓄えられている記憶をパッと思考に結びつけ、臨機応変な対応ができる。

 そういう力量を、本書では、脳の基本的回転数と呼びます。

 頭の回転の速さと理解してくださっても構いません。

 脳の基本的回転数は、上げようと思えばいつでも上げられるものではありません。

 よくわかる話ですよね。

 脳がよく回れば、理解が早いとか、問題解決がすばやくできるとか、いいことづくめ。

 じゃぁ、どうすれば脳の「基本的回転数」を上げられるようになるか?

 それには、訓練が必要。

 まず、脳科学的にに脳が働きやすい状態にして(早起きしてウォーミングアップ)。

 そして、

 『あることにするのに時間的制約をかける』

 ことがいいのです。

 何かをするのに時間的制約を掛けるのって、できるだけ多くの人が避けたいことですよね。

 可能な限り時間をかけて、その仕事ができたときが終わりの時間・・・、ではNGなんです。

 人の脳は時間的な制約があるほうが、回転数が速くなる。

 そして、日頃、時間的な制約をかけて、普段から回転数が上がるようにしておかないと、いざという時に役に立たない。

 やっぱり、これも、「脳」のトレーニングが必要。

行動に時間の制約を付けよう

ストップウオッチ

 じゃぁ、これからはプライベートなことでも、行動を起こすときには、必ず時間的な制約をつけるようにしましょう・・・・なんて、まっぴらごめん!!

 ただでさえ、会社でいろいろな制約を付けられているわけですから、プライベートでも時間の制約をつけるなんて疲れてしまう・・・という事じゃありませんかねぇ。

 以前、小林正観さんの

 「時間に厳しい、交通関係仕事をやる方はガンになりやすい・・・」

 なんていう話もありましたよね(ガンになりやすい職業は?『宇宙を味方にする方程式』 小林正観)。

 脳が冴えたって、ガンになるのはイヤ・・・・、どうすれば。

 時間に追われるような生活を送るのは、ストレスがたまるからダメなんですね。

 だったら、ストレスがたまらないように時間の制約を楽しんでやってしまいましょう。

 「▲▲と**を今日の午前中までに終わらせる。」

 ・・・

 「**は午前中に終わったけど、▲▲は終わらなかった。自分で決めたことなのに、ダメだなぁ、俺って・・・」

 日本人は、こう考える方が多いのではないでしょうか。

 いわゆる減点法ですよね。

 この場合は、

 「▲▲は終わらなかったけど、**は午前中に終わったから、○。」

 と加点方式で人生考えればいいのではないでしょうか。

 そして、気持ち的にはゲームのような感覚で。

 生涯納税額日本一の斎藤一人さんも言っていました。

 深刻にならずに、仕事はゲーム感覚で、楽しくやる。

 時間的制約を楽しんでやる。

 楽しくて、脳の回転も速くなる。

 これが、コツなんじゃないでしょうか。

 一日の仕事を小さな単位にして、時間の制約のある、小さなゲームを何回も繰り返すのがいいようです。

しっかり寝る

寝る

 寝る時間を削って、仕事をしている。

 しかし、そんなことを続けていると、やはり良い脳にはならないようです。

 寝ていても、脳の機能は止まるわけではありません。

 寝ている間に、情報の整理をしているわけです。

 そして、寝ているのですから、外から余計な情報が入ってこないので、脳はじっくり情報の整理ができるわけです。

 いいアイデアが浮かばない、徹夜して考えよう・・・はダメです。

 中途半端なところまで考えて、あとは、脳の潜在意識の部分に任せて、眠ってしまいましょう。

 整理された情報によって、次の朝に早起きしたときにパッとひらめく可能性があります。

 「え?次の朝にアイデアが出る保証はあるの?」ですか。

 そんな保証はありません。

 しかし、徹夜して悩んでいたって、アイデアが出る保証なんてないんです。

 でしたら、脳科学的に正しい方法で対応したほうがお得ですよね。

 築山節氏は理想的睡眠時間を6~7.5時間と言っています。

 参考にしてください。

 このように、次回も「脳」に役に立つお話を紹介していきたいと思います。

 自分の脳がどうすれば冴え続けるか、興味のある方は本を読んでくださいね。

 ご購入の際は、こちらからどうぞ
矢印

 - さらに成長・向上を目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

怒る
人を責める人、怒る人は貧乏です 『夢をかなえるゾウ2』水野敬也

Contents1  貧乏神がデートで行きたかった場所2 怒っている人は貧乏3 …

図書館
迷ったら図書館か本屋さんに行きましょう 『夢をかなえるゾウ2』水野敬也

Contents1 あなたの悩みの助けになる本が必ず存在する2 本はマニュアルで …

求める手
与えるばかりではなく、遠慮なく受取ろう 『夢をかなえるゾウ2』 水野敬也

Contents1 いい人になるということはやる気をなくすこと2 受け取るという …

求める手
本当にやりたいことを見つけるには 『あるがままに生きる』 足立幸子

 おはようございます。  神谷です。  1回目の紹介はこちら、2回目の紹介はこち …

脳
朝は、5時に起床しよう 『脳が元気になる、1日の習慣』佐藤富雄

Contents1 人は「脳」の使い方によって不幸にも、幸福にもなる2 朝の脳が …

パワー
心に栄養を与える簡単な方法 『マスターの教え』 ジョン・マクドナルド

Contents1 努力を続けるには2 体と心に栄養を  おはようございます。 …

星に願い
アブダカタブラの法則の実験結果 『こうして思考は、実現する』パム・グラウト

Contents1 アブダカタブラの法則の実験2 欲しいものを引き寄せた・・・半 …

黄色い車
フォルクスワーゲン・ジェッタの法則の実験 『こうして思考は、実現する』 パム・グラウト

Contents1 フォルクスワーゲン・ジェッタの法則の実験2 実験2の内容3 …

上司
「その仕事できます」と言おう 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 昼の脳が元気になる習慣1.1 できると言って引き受ける1.2 …

希望
成功するためのメンタルタフネスを持ちづつける方法 『No.1理論』 西田文郎

Contents1 「低めの球を打つな」はダメ!2 子どもを優秀に人間にする方法 …