【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

心に栄養を与える簡単な方法 『マスターの教え』 ジョン・マクドナルド

      2015/06/21


 おはようございます。

 神谷です。

 1回目の紹介はこちら2回目の紹介はこちら3回目の紹介はこちら4回目の紹介はこちらです。

努力を続けるには

はしご

 目標に向かって、行動を始めるのも難しいですが、目標に向かって努力を続けるのも難しいですね。

 では、目標を達成する、成功するための努力を継続するにはどうすればいいのか。

 『マスターの教え』は努力の継続をするために、一つの提案をしてくれています。

 それは、

 「自分自身に栄養を与える」こと。

 自分の生命力を補給せず、自分自身に栄養を与えずにそれを続ければ、エネルギー不足という状態が起こり、その結果、必ず何らかの問題を起こしてしまうのです。

 努力の過程に得られるもの。

 特にお金ですね。

 それを受け取ることを拒否してはいけないという事がひとつです。

 多くの人は意外と受け取ることが下手と聞いたことがあります。

 受け取ることが自分の心に栄養を与え、その先の努力の力の源になります。

 努力の結果が出たなら、そのたびに喜びましょう。

 それによって何か受け取ることがあれば、感謝して受け取りましょう。

体と心に栄養を

パワー

 

 さて、目標を達成する過程での成果を受け取ってそれを栄養に・・・と順調に進んで入れいいですが、多くの場合は、成果もないまま消耗してしまうこともあると思います。

 実際は、このパターンの方が多いかもしれません。

 そんなときはどうすればいいのか?

 今回、『マスターの教え』を読んで最大の収穫はこれから述べることなんです。

 この話を共感してもらえいたら大変うれしいです。

 キーワードは、

 「言葉」です。

 人は、「言葉」によって、心に栄養を与えられるのです。 

 今までも、そのことは学んでいたはずなのですが、今回初めて腑に落ちました。

 『マスターの教え』の第14章に「体に栄養を与える言葉」という章があるのですが、そこには、

■ 集中力

■ 決断力

■ 自由

■ 忍耐

■ 愛

■ 幸福

■ 達成

等の言葉が56個も並べられています。

 そして、こうあります。

 一日の活動が終わり、日常的な勤めや仕事であなたの生命力が少し減退した時、30分かできれば1時間、毎晩誰も邪魔されない一人きりの時間を作り、自分の存在そのものと静かに対峙します。

 その時あなたの必要としている言葉をいくつかの中から選び出します。

 あるいはリストの順番に従って、最初の言葉から、自分のペースで、始めていってもよいのです。

 ひとつひとつの言葉をあなたの存在そのものに、しっかりときざみつけていきます。

 同時にその言葉の意味をよく考え、それが今の自分にどのような影響を与えるかに気づいていきます。

 それもその言葉のもつ一般的な意味ではなく、その言葉があなたにどのように訴えかけているかに気付くことが大切です。

 以前読んだときには、

 「そう、言葉って大切だよね~。」

 くらいの感想しかありませんでした。

 実際に、30分から1時間その言葉を言うということを実践したかと言えば、実践なんかしませんでした。

 話は少し変わりますが、以前、あるトラブルプロジェクトを任されたとき、斎藤一人さんのCDを聴いて、自分を力づけたことがあります(『「気愛だぁ~~~!!!」ひとりさんのボランティアCD 』)。

 この体験をもとに、気づきました。

 実際に言葉には力が宿っている、と。

 あくまでも、私個人の理解したやり方ですが、参考になる方もいらっしゃると思いますので書きます。

 たとえば、『マスターの教え』の言葉の中に、「達成」という言葉が載っていました。

 これを

 「俺は、○○○が達成できる。」

 とつぶやいたり、想ったりするのはちょっといけない。

 なぜなら、心の別のところから、

 「とは言ってもムリそうだよなぁ~」

 「いつまでに達成できるのだろうか。」

 「来年までと思ったけど、来年なんかどう考えても無理だよな。」

 なんて文脈が湧きでてしまいます。

 そういった思いが、「内なる心」にも落ちてしまいます。

 「内なる心」は○○○を達成するためにも働くし、○○○をやめさせるようにも働いてしまうのです。

 だから、「達成」という言葉だけをマントラのようにつぶやき続ける。

 ただ、それだけ。

 「外なる心」を「達成」で満たしてしまいます。

 そうすると、力が湧いてくるのです。

 実際、トラブルプロジェクトで弱気になった心を斎藤一人さんのCDのアドバイスで、ただひたすら「強気、強気、強気、強気・・・」と言い続けると、力が湧いてきたのです。

 ただ、その言葉を言い続けるだけで、その言葉によって力が湧いてくるのです。

 逆に、ネガティブな言葉を言い続ければ、確実に、エネルギーが抜けていきます。

 ポジティブな言葉で試すことはぜひおススメします。

 好奇心のある方は、ネガティブな言葉も試してみてください、私はやりませんが。

 では、次回につづきます。

 ご購入の際はこちらからどうぞ。

矢印

 

 - さらに成長・向上を目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ほけー
「脳」が閉じていかないように 『脳が冴える15の習慣』 築山節

Contents1 冴えない脳とは2 『脳が冴える15の習慣』の構成3 朝ちゃん …

不機嫌
不機嫌は伝染する 『幸福論まんがで読破』 アラン

 おはようございます。  神谷です。  1回目の紹介はこちら、2回目の紹介はこち …

分子
自己中心から関連性に目覚めるコペル君 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

 おはようございます。  神谷です。  『君たちはどう生きるか』は岩波文庫の本で …

謝る
謝るときはこうやって謝れ 『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』 ゆうきゆう

Contents1 謝る2 失敗談には成長のイメージを  おはようございます。 …

春日大社
神さまのお恵みをいただく 『神道 感謝のこころ』 葉室頼昭

Contents1 神さまのお恵みをいただきたい2 神道の教え  おはようござい …

星に願い
アブダカタブラの法則の実験結果 『こうして思考は、実現する』パム・グラウト

Contents1 アブダカタブラの法則の実験2 欲しいものを引き寄せた・・・半 …

見る少女
休日に脳を元気にする方法は? 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 晴れの休日の脳が元気になる習慣1.1 ふと立ち止まって周りを …

雪の風景
勇気とは 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

Contents1 上級生が友達を標的に2  ある雪の日3 勇気と責任  おはよ …

こころ3つ
矛盾ある願望が成幸を阻む 『マスターの教え』 ジョン・マクドナルド

Contents1 心には3種類がある2 自分が望むのモノは?3 確固とした目標 …

貯める
ダメなときに「運」を貯める!!

Contents1  「たまる」ではなく、「ためる」2 「運をためる」というのは …