【成幸本】書店

ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

*

自己中心から関連性に目覚めるコペル君 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

      2015/06/21

 おはようございます。

 神谷です。

 『君たちはどう生きるか』は岩波文庫の本です。

 中学生の頃の岩波文庫のイメージ

 「難しくて、つまんない(岩波書店の関係者の方々、ごめんなさい)」

 というモノでした。

 たしか、その頃の大人たちは、無条件で、「岩波書店の本を読め」と言っていたような記憶が。

 そもそも、自分だって読んでないでしょ・・・

 今回、『君たちはどう生きるか』を読むにあたって、「岩波文庫」と見た瞬間、

 「最後まで読めるかなぁ・・・」

 という気がしました。

 しかし、読んでみるとこれがたいそう読みやすくて面白いのです。

 岩波書店さん、今まで避けていてごめんなさい・・・

 ということで、叔父さんは、本田潤一君になぜコペル君と名付けたかです。

自己中心から人間同士の関連性に目覚める

分子

 人は生きていくうえで、人と人との関連性の中に成り立っています。

 例えば、お米を買ってきて食べる。

 ここでお米を考えると、

■ お米を作った農家の人がいる

■ 農業をやるための機械を作った人がいる

■ 農業をやるための農道を作った人がいる

■ お米の袋を作った人がいる

■ お米を運んできた人がいる

■ お米を売る人がいる

 お米一つをとってもほぼ無限とも思われる人が関連しています。

 コペル君は、デパートの屋上の窓から、多くの人がうごめいているのを見て、この関連性にぼんやりと気づきます。

 コペル君はこれを、「人間って、分子みたいなものだね」と叔父さんに話しかけます。

 これは、自分中心の考えから、世の中はそれぞれ助け合って成り立っているということにコペル君が気付いたという事なのです。
※後に、 コペル君は、オーストラリア産のミルクの缶を見て、この関係性を理解していきます。

 人は、まず自分中心でモノを考えます。

 そして、成長して、世の中の関係性に気付くことが立派な大人になるためにとても大事なことだと叔父さんは思っていました。

 この時の驚きと喜びが、「コペル君」というあだ名になりました。

 「コペル君」の「コペル」はコペルニクス。

 これは、地動説(自分中心)が天動説(関係性)に変わった位、素晴らしいことだという事なんです。

 この関係性に気付くと、世にあることすべてに感謝の念が湧いてくるのです。

 コペル君はこの話を叔父さんから聞き、「コペル君」というあだ名がたいそう気に入ります。

 ただ、友達に、「なんでコペル君なの?」と聞かれても、恥ずかしそうに鼻を書くだけ。

 その気持ちは十分わかりますね。

 このように、『君たちはどう生きるか』には、何気ないことから、立派な人になるための智恵がたくさん詰まっているのです。

 お子さんがいる方には、ぜひ、読んでほしい本です。

 そして、『君たちはどう生きるか』は難解ではないので、少しでも興味を持ってもらえば、お子さんに読んでもらえる本だと思います。

 エピソードの中には、友達を裏切ってしまったときの考え方も載っているんです。

 その話は、次回に紹介しますね。

 ご購入の際はこちらからどうぞ
矢印

 

 - さらに成長・向上を目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供たち
父と子で一緒に読みたい本 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

Contents1 『君たちはどう生きるか』2 「何になる」のではなく、「どうい …

地球
まず、「地球は良くなっている」と思ってみよう。 『あるがままに生きる』 足立幸子

   おはようございます。  神谷です。  『あるがままに生きる』は、 …

願望を明確化する 『No.1理論』 西田文郎

 おはようございます。  神谷です。  1回目の紹介はこちら、2回目の紹介はこち …

春日大社
『神道 感謝のこころ』 葉室頼昭

Contents1 葉室頼昭氏2 「女性が本来の人間の姿」  おはようございます …

冒険
冒険していますか? 『脳が元気になる、1日の習慣』 佐藤富雄

Contents1 休暇で脳を元気にする方法1.1 「冒険」をしてみる1.2 過 …

脳
朝は、5時に起床しよう 『脳が元気になる、1日の習慣』佐藤富雄

Contents1 人は「脳」の使い方によって不幸にも、幸福にもなる2 朝の脳が …

アインシュタイン
アインシュタインの法則の実験『こうして思考は、実現する』 パム・グラウト

Contents1 アインシュタインの法則の実験1.1  実験a:1.2  実験 …

ラジオ体操
『幸福論 まんがで読破』 アラン

Contents1 登場人物2 「不幸」は軽い運動でやっつけよう  おはようござ …

女性 考える
『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』 ゆうきゆう

 おはようございます。  神谷です。  心理学の本って、興味のある方は多いんじゃ …

貯める
ダメなときに「運」を貯める!!

Contents1  「たまる」ではなく、「ためる」2 「運をためる」というのは …