ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

【成幸本】書店

息抜き

主人公がとても魅力的だ/『海皇紀』 川原正敏

投稿日:

 おはようございます。

 神谷です。

 またマンガなんです。

 それも、かなり前にすでに完結している『海皇紀』です。

 これは、何とも面白い。

 もう、何回も何回も読み直してもなお面白い。

川原正敏氏

 著者の川原正敏氏は『修羅の門』という格闘技系のマンガを書き始めて長いです。

 『修羅の門』は第二部になっていますが、未だに連載が続いています。

 この『修羅の門』もかなり面白いのです。

 『修羅の門』といい『海皇紀』といい、すごく才能のある漫画家さんだと思います。

 両方ともスゴク奥が深いマンガなんです。

『海皇紀』の時代設定

 時代は、かなり先の未来です。

 一回文明が滅んでしまい、『海皇紀』の舞台では、移動手段は馬と帆船。

 武器は弓矢と刀という感じです。

 日本で言いうと、戦国時代のような時代です。

『海皇紀』の登場人物

 マンガで45巻という長編マンガですので、あらすじは語り切れませんので、どんな登場人物が出てくるかで、この『海皇紀』の魅力をお伝えできたらと思います。

 主な登場人物が、

 海の一族の影八番艦艦長 ファン・ガンマ・ビゼン(主人公)

 ウォルハンの王 カザル・シェイ・ロン

 大陸一の兵法者 トオバン・サノオ

 大軍師 アル・レオニスウル・グルラ

 などなど魅力的なキャラクターです。

ファン・ガンマ・ビゼン(主人公)

 海の一族の影八番艦艦長。

 のちに、海の一族の長「海王」になります。

 とにかく、主人公のファン・ガンマ・ビゼンが魅力的です。

 この人、ある意味スーパーマンのようです。

 海の一族とは、領土を持たない交易などを主に暮らしている集団なのです。

 当然、船の扱いにはとても秀でた一団なのですが、その中でも船を扱わせたら随一。

 そして、最高の戦略家でもあり。

 剣を持たせたら大陸一の兵法者のトオバン・サノオにも引けを取らない。

 素手でも、屈強の男たち100人に襲われても負けない。

 そして、美女にモテモテという。

 どう考えても、ここまでそろうと嫌味でかえって魅力が無くなる人物設定なのに、この人物をとても魅力的に描く川原正敏氏はスゴイと思います。

カザル・シェイ・ロン

 元は大陸を支配した王の末裔。

 その国ウォルハンは、今では大陸の端っこ小国になってしまい、存続さえも危ぶまれるところで即位します。

 一発逆転で隣のクアラとの会談の時にファン・ガンマ・ビゼンに出会い、協力を得ます。

 性格は実直剛健。

 ひたすら突進する、イノシシのような人物。

 とにかく、思ったことは凄まじい意志でやりきる。

 すごい危うい人。

 ファン・ガンマ・ビゼンの助力で羽が生えたように大陸に覇をなしていきます。

 真面目なカザル・シェイ・ロンとおふざけなファン・ガンマ・ビゼンのやり取りがすごく楽しい。

 最終的には、大陸を統一します。

トオバン・サノオ

 大陸一の兵法者。

 つまり剣の使い手。

 常に強い相手を求めて、ロナルディアに滅ぼされたオンタネラの遺児マイア・スマルと旅をしています。

 マイアがファン・ガンマ・ビゼンに「カガク」を求めてイルアンジャに連れて行ってもらうところから、トオバン・サノオの一緒に旅をします。

 ファン・ガンマ・ビゼンに目を付けますが、結局はファン・ガンマ・ビゼンとトオバン・サノオが戦うことはありません。

 すごく渋い役です。

アル・レオニスウル・グルラ

 大軍師で、すごい戦略家。

 最初、カザル・シェイ・ロンのウォルハンの敵国の軍師でしたが、あまりに優秀なため上官に疎まれて、さらに裏切られ、ウォルハンに捕まってしまいます。

 そこで、カザル・シェイ・ロンが部下になれという要望に応えて、ウォルハンの軍師となります。

 アル・レオニスウル・グルラとファン・ガンマ・ビゼンの知恵比べもあるのですが、そこでもファン・ガンマ・ビゼンが勝ちます。

 こう書くと、ファン・ガンマ・ビゼンって、どんなに嫌な奴かという感じになるのですが・・・。

『海皇紀』の始まり部分

 『海皇紀』は二つのエピソードから始まり、その二つのエピソードが最後に一つにまとまります。

 一つは、カザル・シェイ・ロンが大陸を統一するために隣の国に行くのにファン・ガンマ・ビゼンが手を貸すこと。

 もう一つは、ロナルディアという国に母国オンタネラを滅ぼされた、マイア・スマルが復讐のために「カガク」を探す旅に出ることに手を貸すこと。

 カザル・シェイ・ロンがロナルディアを倒すときに「カガク」の謎も解けるようになっています。

 この記事でどれだけ魅力が伝わったかははなはだ不安ですが、とにかく面白いマンガです。

 そして、この漫画を読むと帆船にとっても詳しくなりますよ。

 

-息抜き

Copyright© 【成幸本】書店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.