ツイてる人生の側らには必ず良き本があります。「この本で私は幸せになった!」と思った、自己啓発本等を紹介していきます。逆境にいるあなた、今よりもさらに幸せになりたいあなたが探す本が、幸せの名言がきっと見つかるブログです。

【成幸本】書店

息抜き

お金の使い方に「喜ばれること」を込める 『ありがとうとお金の法則』 小林正観

投稿日:

 おはようございます。

 神谷です。

 1回目の紹介はこちら2回目の紹介はこちら3回目の紹介はこちらです

 自分の意志の弱さと言おうか、いいか加減な気持ちの告白のような感じの記事なので、学びとかないかもしれません。

 最初に言い分けさせてください。

 中国、韓国の動向

不機嫌

 最近の日本に対する、中国、韓国の動向について、眉をひそめている方も多いと思います。

 自分の中でもなんとなく、そんな感情があることは事実です。

 とはいえ、自分からヘイト運動などの排斥活動をするというわけでもない、小市民なのが私。

 考えたことと言えば、中国や韓国の商品はなるべく買わないようにしようかな・・・と漠然と思っている程度です。

 ところで、今度、洗濯機が必要になり家電量販店に買い物に行きました。

 そんな大がかりのモノはいらなかったので、なるべく予算抑え目にと。

 お店の店員さんにあれこれと聞いて、少し悩んで末に購入したのは、性能と価格を考慮して、ハイアールという中国の会社の洗濯機です。

 予算抑え目と言いながらも、日本のメーカーだって、そんなに金額の差はなく買えたのですが。

 自分の、気持ちの強さなんてこんなものか・・・と思った次第です。

 そんな時、思い出したのは、『ありがとうとお金の法則』に載っていた、あるおばあさんの話。

大勢の村人が葬儀に参加したおばあさんの実践していたこと

おばあさん

 引用します。

 人口3000人ほどのある村で、78歳のおばあさんが亡くなりました。

 葬儀を上げたところ、村民の半数以上が参列したそうです。

 村長が亡くなっても、700人程度の参列者だったのに、そのおばあさんの葬儀には1500人もの人が参列したのです。

 このおばあさん、55歳まで小学校の先生をしていましたが、他には特に目立ったことはしていませんでした。

 ただ、一つだけ特別なことと言えば、死ぬまで自分の教え子の店でしか物を買わなかったそうです。

 村に、大型スーパーやディスカウントストアができても、おばあさんはスーパーより2,3割高い教え子の店にしか行きませんでした。

 お金を使う行動の中に「喜ばれること」という気持ちを入れると、それが不断の意志になり、継続が可能になって、幸せになれるようです。

 洗濯機の話と何が関係あるのか・・・。

 つまり、負の感情というのは、簡単に覆ってしまう。

 常に、「喜ばれること」に従ってお金を使うと幸せになる・・・。

 買い物をしたときに、

 「ちょっと、お金の使い方に『喜ばれること』という気持ちを混ぜてみよう。」

 と思った次第です。 

 『ありがとうとお金の法則』は幸せになれる、お金の素敵な話満載の本です。

 ご購入の際は、こちらからどうぞ
矢印

-息抜き

Copyright© 【成幸本】書店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.