穏やかに生きるための日々の小さな幸せの種をご紹介

幸成ねっと(sachi-nari.net)

さらに成長・向上を目指す

最初はしょうがない 『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』 ゆうきゆう

2014-08-20

おはようございます。

神谷です。

では早速『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』から、今回もお役立ち心理テクニックを。 

最初は誰でも「できない」

悩むサラリーマン

私事なのですが、私は、某大学の某文系の学部を卒業して、コンピューターの会社に入りました。

コンピューターの会社に入るまで、コンピューターなんて触ったこともありませんでした。

「大丈夫なんだろうか?」

とは思いましたが、

社長が、

「大丈夫、大丈夫」

というので、あんまり考えずに入社してしまったのです。

いまから思えば、就職という人生の大きなイベント、

「もうちょっと考えろよ!」

とは思いますね。

そして、研修に入ると、同期には、コンピューター系の学部や直接コンピューターの学部ではないけれど、コンピューターの経験のある人がいっぱい。

研修の内容が分からないのもしんどいのですが、周りの同期がすいすいと理解していくことに無茶苦茶な焦りが。

ある日、実力テストをやった時に、70点をとって、

「俺もチョッとはやるじゃん」

と思って、同じ班の同期にテストを見せてもらったら、わたしを除く5人はみんな100点だった・・・今でこそ、懐かしく思い出せますが、当時は全く笑えない状況でした。

そのため、いつ、「採用取り消し」になるんじゃないかとも思い、胃潰瘍になり、辛い日々が続きました。

同じような想いをしている人もいるでしょう。

ここで言いたいのは、

「初心者なんだからしょうがないじゃん」

です。

職業選択の誤りだったのではないかということは横に置いておいて。

周りの同期との、進捗の違いは、それまでの経験の差。

それは、努力と時が解決するしかないのです。

こんな時は自分が猛烈に劣った人間だと思ってしまいますが、そんな想いで神経を消耗しても意味はありません。

周りが自分よりもできるのは、

「彼らは経験があるのだから、そういうもんだ!」

と開き直って、少しでも多くの行動をすることです。

長い仕事人生、最初の遅れなんて取り戻せるんです(”ラク”じゃありませんが)。

わたしですか?

大学のコンピュータの経験が無くても、その後30年弱コンピュータの会社で技術者としてやっていけましたよ。

社会人になって、周りが優秀で取り残されているんじゃないかと思っている方。

その仕事に意欲があるのなら、

「最初はしょうがない。」

と思って、精進しましょう。

相手の本心を知る

考える

相手の本心を知りたい。

例えば、自分をどう思っているかなど。

その時に、使えるテクニックです。

結論から言うと、

「○○って、周りの人はどう思っているの?」

と聞いて答えた内容が、その人が思っていることになります。

例えば、

「●●課長のことをって周りはどう思っているのだろう?」

と同僚に聞いた時に応える内容は、その同僚が課長のことを思っていることと同じになります。

そもそも、●●課長の人柄のアンケートなんてやったことないわけですから、周りの人の思っていることって言ったって、自分の思っていることと同じなんですよね。

たまたま、●●課長のことを耳にしても、その内容が、自分が感じている●●課長の人柄と違ったら、そのことを言うはずないのです。

人の評判の調査なんかには使えますね。

しかし、自分のことを聞く、

「俺のことってみんなどう思っているか知っている?」

とは、気になる異性に聞くのもちょっと躊躇しますね。

仲のいい友達がいれば替わりに聞いてもらいましょう。

『相手の心を絶対につかまえる心理術 ハイパー』には、他にも、

■ 相手を温かく励ます魔法の言葉

■ 相手の態度を変えて最良の関係になる方法

■ 気持ちを盛り上げる早起きの秘訣

等、気になるプライベートでも、仕事でもお役にたてるテクニックが満載です。

人間関係をさらに良好にしたい方、

人間関係に打開を求めている方、

おススメですよ。

 

-さらに成長・向上を目指す

Copyright© 幸成ねっと(sachi-nari.net) , 2020 All Rights Reserved.