穏やかに生きるための日々の小さな幸せの種をご紹介

幸成ねっと(sachi-nari.net)

健康・ダイエット

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』レビュー

2020-01-30

ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方

ちまたに多数存在する、ダイエット本の中の一冊の『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』はダイエットに役に立つのか?

 

ひとことで言いおう「役に立つ!」と。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』が、「ダイエットの決定本か」と言えば、そうではないかもしれません。

でも、『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』は、多くの人のダイエットを実現させ、その人が再び異なるダイエット本を手に取らせない本だと確信しています。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』に従ってダイエットをすれば、

・あまり辛くないダイエット期間を過ごし

・リバウンド率の少ない健康な身体を手に入れられる

という可能性は、大きく膨らみます。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』はどんな人におススメか

夫婦でダイエット

ダイエットは辛いものだと思い、ダイエットに取り掛かるのをためらっている人

今まで多くのダイエット法に失敗してきた人

運動が苦手だけれどもダイエットしたい人

過去にダイエットを成功させたけど、リバウンドしてしまった人

ダイエットに比較的時間をかけられる人

以上のような人におススメです。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』の概要

概要

成功するダイエットとは、

やせる対策をとることではなく、太らない生活習慣を身につける。

というのが、『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』の主張。

 

「太る原意には7つのタイプがある」ということで、タイプ別に生活習慣を改めることを通して、ダイエットすることをススメています。

 

「7つのタイプ」とは、

①生活習慣ボロボロタイプ

②ダイエットの認識がずれているタイプ

③空腹?満腹?鈍感タイプ

④無意識のうちにデブ行動タイプ

⑤ストレスからドカ食いタイプ

⑥好物=高カロリータイプ

⑦早食いし過ぎタイプ

です。

 

私自身は、⑤⑦の複合タイプなんじゃないかと思います。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』は、ダイエットを通して生活習慣を見直し、太らない習慣を身に着けていくというものなので、ちょっと時間がかかる。

 

某ラ〇〇ップのように、短期間では目立った効果は出ないかもしれませんが、徐々にスリムになって、リバウンドしない、というのが期待できます。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』のダイエットテクニックちょっと見

ダイエット

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』のダイエットテクニックから抜粋して、

・B-MAL1遺伝子に注目

・朝食を食べると太りにくい

・「運動なし」でもやせられる

をご紹介します。

B-MAL1遺伝子に注目

遺伝子

太る原因の一つにB-MAL1遺伝子というものが関係しているとのこと。

生活を少し変えるだけで、B-MAL1遺伝子の働きを抑えて、痩せやすく、太りにくい習慣を身に付けられるそうです。

 

B-MAL1遺伝子は、余ったエネルギーを脂肪に変える働きや、体脂肪がエネルギーとして分解されるのを抑制するのが役割。

B-MAL1遺伝子の活動ピークは、22時~2時。

 

つまり、

「夜、食べると太る」

というのは本当のこと。

 

だから、このB-MAL1遺伝子の活動ピーク時は、胃を空っぽにするという習慣が身に付けば、痩せやすく、太りにくくなります。

 

仕事が一番忙しかったころには、23時頃から居酒屋行って、0時半くらいまで飲むことがありました。

こりゃ~太りますね。

神谷純
多い時には、週に4日くらい居酒屋に通っていました。

 

今は、朝食を朝7時に食べて、夕食を19時までに終わらせています。

12時間は、飲み食いしないというもので、「12時間ダイエット」ともいうらしいです。

 

この、12時間ダイエットで、B-MAL1遺伝子に仕事をさせないようにしています。

 

朝食を食べると太りにくい

朝食

朝食を食べると、代謝が上がって、燃えやすい体になるんですね。

だから、ダイエットで朝食を抜くのは良くないこと。

 

私の若いころのダイエットは、カロリー計算が全盛。

手っ取り早く、カロリーをダウンするのには朝食を抜くのが楽だったんですね。

あの頃は、運動もしていなかったし、どんどん燃えにくい体になっていたんだなぁ・・・とため息が。

 

朝食を抜くのはそれなりにきついですから、朝食をしっかり食べた方がいいというのは朗報です。

 

「運動なし」でもやせられる

ダイエットの運動は大変

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』における「運動なし」とは、特に「運動時間を設定して運動する必要はない」ということ。

 

ダイエットを諦めてしまう理由の一つに、

「運動がイヤ!」

ということがあるでしょう。

運動する時間が取れないという方もいるだろうし、そもそも運動が嫌いという方も。

 

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』は、「運動なしでも痩せられる」と言っています。

 

それは、身体を動かすことによる

・エネルギー放出

・筋力強化による基礎代謝アップ

を放棄したわけではありません。

 

NEAT(Non-Exercise-Activity Thermogenesis)をススメています。

NEATとは、日々のちょっとした行動に運動と同じ効果を含ませるということ。

・エスカレーターに乗らず、階段を上がる

・電車では座らず立つ

・ちょっとくらいの距離なら歩く

 

嫁さんは以前、階段もほぼエスカレーターか、エレベーターに乗ります。

電車に乗れば、ハンターのように空いた座席を探します。

私は、2~3km位だったら、歩くことが多いですが、嫁さんはまず歩きませんでした。

 

神谷純
嫁さんは、鹿児島の出身なんですけど、私に向かって「東京の人は歩きすぎ。疲れるから、バスに乗って。」とよく言われました。

 

嫁さんは、今では、電車でも座らず、階段を使うようになりました。

最近は、仕事帰りに一駅分、ウォーキングしています。

最後に

ダイエット成功

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』のダイエット方法なら、

・健康で

・ストレス少なく

・リバウンドもしにくい

とダイエットを成功させての自分になれるでしょう。

 

実は『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』に明記していないのですが、ダイエットを成功させる大事なコツがあるんです。

 

それが、

・家族の応援

・正確なアドバイス

 

「家族の応援」というのは、奥さんがダイエット始めたら旦那もそれに付き合うというようなこと。

これは理解しやすいですよね。

 

「正確なアドバイス」とは。

『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』でも、主人公に著者の工藤先生がアドバイスしています。

このようなアドバイスが大事。

 

嫁さんがやっている町の薬局のダイエットがあるのですが、そこのカウンセラーのアドバイスが、『ダイエット外来の医者が教える成功率99%のやせ方』に書いてあることととても共通点が多い。

 

このようなアドバイスをしてくれる人をつければ、よりダイエットを成功に導けます。

 

嫁さんのやっている町の薬局のダイエットはこちらからご覧いただけます。

 

 

-健康・ダイエット

Copyright© 幸成ねっと(sachi-nari.net) , 2020 All Rights Reserved.