穏やかに生きるための日々の小さな幸せの種をご紹介

幸成ねっと(sachi-nari.net)

健康・ダイエット

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』レビュー

深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!

嫁さんがやっている町の薬局の(美容痩身研究会)ダイエットは、身体を冷やさないというのがキモの一つ。

 

・毎日風呂ではお湯につかる

・寝る前には冷たいものを摂らない

・腹巻を使う

等々、身体を温めるアドバイスがあります。

 

そこで、身体を温めるだけでもダイエットに、すごく役に立つんじゃないかと考えた次第です。

 

ということで、その薬局に置いてあった本『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』を読んで、身体を温めることについて勉強しました。

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』を呼んで学んだことをダイジェストで紹介します。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』はどんな人におススメか

冷え性の人

・冷え性を何とかしたいと思っている方

・運動が嫌いだけどダイエットしたい方

・自分は風邪をひきやすいなぁ・・・と思っている方

 

冷えは怖い。微熱があるよりも、低体温の方が危険

冷え性

人にとって、体温が低いということは結構問題です。

低ければ低いほど深刻。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』から、体温が低いとどんな危険性があるか引用してみました。

36.5度以上

36.5度以上は正常。

できれば36.7度位を目指したい。

神谷純
高い方は、は37.4度だと思います。これは、以前内科のお医者さんにかかったとき、37.4度までなら気にしないでいいですよと言われたからです。

 

以前『ホンマでっかTV』で池田先生が言っていましたが、温度計の37度の所が赤くなっているのは、ここが平熱ラインということと。

多くの人は、37度の赤いラインを超えると病気で熱があると思っているのは間違いなようです。

 

36.5度以下

血行不良。

コリやハリ、むくみなどがあらわれる。

 

神谷純
さっき自分の体温を測ったら、36.4度でした。

もしかして、筋肉を整えて体温が上がれば、腰痛が起こらなくなるかも・・・。

 

36度以下

低体温。

自律神経が乱れます。

頭痛、消化器系障害(消化不良、下痢、便秘)、睡眠障害、婦人科系の疾患、また原因不明の痛みがある場合がある。

 

若い頃は、体温が低いのは健康なことだと、勘違いしていました。

 

日々の活動に支障が出そうな体温が、36度以下ですね。

 

35.5度以下

免疫が低下し、ガンが育つなどと言われています。

 

ガン細胞は熱には弱いはずです。

低体温の人は、ガン細胞にとって嬉しい環境なんですね。

 

また、ウイルスなんかも熱には弱い。

風邪を引くと熱が出るのは、身体が、熱でウイルスをやっつけようとしているから。

だから、熱が出るとすぐに解熱剤を飲むのは、ウイルスを応援していることになるんじゃないかと。

 

神谷純
私は、熱で関節痛などが出て、眠れないという事態にならない限り解熱剤は飲まないようにしています。

 

筋肉の質をアップして深部体温を上げる

筋肉を整える

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』では、発熱機関である筋肉の質をアップして、深部体温を上げましょうと提案。

 

熱を発生するの筋肉。

カロリーの多くを消費するのも筋肉。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』は、ゴリゴリの筋トレは進めていません。

 

筋肉を鍛えるのではなく、質をアップする、それを「コンディショニング」と言っています。

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』でススメている運動は、筋トレというよりも、ストレッチといった方がイメージに合うんじゃないかと。

 

簡単なストレッチのような運動が紹介されていますので、興味のある方は、『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』を参照して実践してみてください。

 

日々の暮らしで実践できる深部体温を上げる行動

おススメな体温

やっぱり、「運動」と聞くと「面倒くさい」と思ってしまいますよね。

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』で紹介している、「身体を温めるちょっとした方法」をピックアップすることにします。

 

「これから運動するぞ!」なんて、大上段に構えるモノは、ちょっと避けたい。

日々の生活にチョイ足しして体を温める方法なら、何とかできそうですね。

 

夏でも冬でもお風呂週間で深部体温を上げよう

お風呂で深部体温を上げる

ほとんどの方が毎日、お風呂に入っていると思います。

 

少しだけお風呂の内容を変えるだけなら、深部体温を上げる習慣を身に着けられるのではないでしょうか。

 

それは、毎日お湯につかる。

 

毎日のお風呂は、シャワーだけという方もいるでしょうけど、チョイ足しお風呂という感じで。

お湯につかると、身体にいいだけじゃなくて、気持ちがいいですよ。

 

嫁さんがやっている町の薬局のダイエット(美容痩身研究会)のダイエットは、夜のお風呂は必須。

寝る前の深部体温を高めに調整して、しっかり脂肪を燃やすということを目的としています。

体重を寝ている間に落とすのは、ダイエット的に効率的ですね。

 

ため息より少し強く息を吐くだけで、冷えが体から出ていく

息をたくさん吐く

ため息よりも少し息を吐くだけで、腹横筋を動かし、体温を上げられるそうです。

 

「腹横息を四六時中意識して呼吸する」というのは結構しんどいですが、呼吸だから、思い立った時にできるのも利点です。

 

気が付いたら、テレビを見ているときにも、電車に乗っているときにもできます。

ちょっとずつ意識して、吐く息を長くする習慣を作っていったらどうでしょうか。

上手くいけば、だんだん、無意識で吐く息を長くするようにできるかもしれません。

 

私は、朝起きたときに、「15分間、7秒吸って、20秒吐いて、20秒息を止める」という修行のような呼吸法をやっています。

これをやると、首筋に汗が流れてくるほど体がぽかぽかに。

呼吸法で体温が上がるというのは実感しています。

 

レッグウォーマーで足首を温めれば全身温まる

レッグウォーマー

足首には筋肉がないので、冷えやすい。

そして、部屋の冷気は下にたまります。

だからレッグウォーマーがいいのですね。

 

足首だけでなく、ふくらはぎも大事です。

だから、足首回しは体を温めるのに有効。

ふくらはぎは第二の心臓と言われ、足首回しは、ふくらはぎの筋肉を整えて血流をよくします。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』には、足首回しだけで1年で14kgやせた人がいるということも書いてありました。

でも、これは特殊なパターンでしょうね。

私もヨガの教室ですすめられて、数年間、毎朝足首回しをやっています。

しかし、ダイエットに効果があったかというと・・・。

 

個人的には足首回しがダイレクトにダイエットにいいとは、あんまり感じていないが、身体には良さそうだという実感はあります。

 

最後に

ダイエットは、キレイになるのが目的。

ダイエット中に体を温める心がけるのは、効率的にダイエットを行えるし、キレイにもなれる方法の一つです。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』には、身体を温める方法がいっぱい載っています。

 

『深部体温を上げれば、やせる!不調がとれる!!』を読んで、身体を温めてダイエットすれば、

・ダイエットのスピードが速くなる

・ダイエット後もよりきれいになる

・リバウンドする確率を減らせる

体温を正常な高さで保つ習慣は、幸せに長生きする道にもなるでしょう。

 

-健康・ダイエット

Copyright© 幸成ねっと(sachi-nari.net) , 2020 All Rights Reserved.