穏やかに生きるための日々の小さな幸せの種をご紹介

幸成ねっと(sachi-nari.net)

さらに成長・向上を目指す

朝は、5時に起床しよう 『脳が元気になる、1日の習慣』佐藤富雄

2014-08-28

おはようございます。

神谷です。

人は「脳」の使い方によって不幸にも、幸福にもなる

脳

多くの人はお金持ちになりたいと想い。

そして、すべての人は、幸せになりたいと思っています。

そして、人間には、貧乏な人と、お金持ちの人。

不幸な人と、幸福な人がいます。

その、どちらかを選択していているのは私たちに関わる環境・・・

ではありません。

私たち自身が私たちを貧乏にもするし、お金持ちにもする。

そして、不幸にもするし、幸福にもするのです。

それも、すべては、「脳」の使い方にかかっているわけです。

ですから、どのように「脳」を使ったら、お金持ちになったり、幸せになったりするかを、

佐藤富雄氏の『脳が元気になる、1日の習慣』

から学んでみましょう。

『脳が元気になる、1日の習慣』をできるものを選んで実践すれば、「脳」がどんどん活性化して元気になって、望んだことが叶っていってしまうという事です。

朝の脳が元気になる習慣

起きる

朝は5時から6時の間に起きる。

出ました。

生活改善の定番、

「朝早く起きる」

です。

「またか・・・」

と思わないでください。

朝早く起きるということは、脳を上手に使うための鉄板な方法なんです。

「あなたは夜型か?朝型か?」等という議論もありますが、私に言わせれば、あまりにもナンセンスなこと。

なぜなら人間として生まれてきた以上、誰でも体内に「交感神経」と「副交感神経」のメカニズムを持っているのです。

「交感神経」とは、「ステロイドホルモン」と総称される”体を臨戦態勢にするためのホルモン”が分泌されるメカニズム。

これによって血糖値が上がり、身体から活力が湧いてくる状態が作られますが、それは誰でも平等に朝の7時位にピークが訪れます。

一方で、「副交感神経」とは、「メラトニン」と言うホルモンが分泌され、身体が癒しのモードに入るメカニズム。

これも誰もが平等に、夕方から始まり、午前2時位にピークを迎えます。

という事なので、生物的にも朝早く起きることが人間の能力を高めるのです。

私も、4年前あたりから、朝5時15分起床から始まって、今では毎日4時半起きの生活をしています(就寝は午後10時~10時半)。

午前中に脳みそフル回転でとても調子がいいです。

それと、その頃からほとんど風邪というものを引かなくなりました。

まず、早寝早起きが人間の心身共に能力を高めることだと実感しています。

今日はどんな日にしたいか口にする

鏡

あなたはトラブルを抱えています。

今日は、お客様に、トラブル報告をしに行かなくてはいけません。

顔を洗う時に、鏡を見て

①「今日は会社に行きたくないなぁ。きっとお客さん怒っているだろうし。きっと辛い訪問になるだろうなぁ・・・」

ではいけないのです!!

②「今日は、じっくりお客様にトラブル説明をして、安心してもらおう。そうすれば喜んでいただけるカモ!」

と口に出せばいいのです。

上記の①と②は、視点が違うだけで、あなたが置かれている状況は変わらないのです。

意志を持って、明るい未来を思い描いて、口にする。

感情に任せておくと、暗い思いがどんどん湧いてきて、それが実現してしまいます。

トラブルが無い場合には、あなたの夢を口に出すのです。

「私はもっときれいに、なって、素敵な恋人ができる。」

「私は、もっともっとお金持ちになる。」

など、意志を使って明るい未来を思い描いて口にする。

人は、感情に任せてこうどうすると、

「そんなこと言ったって、きっとムリだぁ・・・」等と口にしてしまい、とどんどん暗い方に持っていかれますよ。

上記の話の他にも、

■ 朝、15分散歩をする

■ 運動したあと、勉強する

■ 自分から挨拶する

等の、朝に「脳」を元気にする方法が満載です。

では、明日は、昼に「脳」を元気にする方法を紹介していきます。

ご購入の際は、こちらからどうぞ。

 

-さらに成長・向上を目指す

Copyright© 幸成ねっと(sachi-nari.net) , 2020 All Rights Reserved.